玄鳥至《つばめきたる》

まだ風の肌寒さはのこってますが桜の花もしっかりと開きお花見の時候となりました。
桜は私たち日本人には節目の花でもあり、卒業、入学、就職などの時節には桜の背景がよく映るようでございます。

「さまざまのことおもひ出す桜かな」・・・芭蕉

花見の時候にてお料理も少々華やかになってまいります。
旬の素材を盛り込んだ八寸・・・米烏賊、海鼠子(このこ)、野蒜(のびる)、山葵の花、タイラギ、バイ貝等々、春めいてくると瀬戸内の素材が豊富に出回ってまいります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。